テスト用

テスト用先生

  •  1分110円
  •  10分1650円
次回出演予定:未定
※これらのブラウザから操作をしてください。
safari Safarichrome chromeedge Edge

Blog更新情報

出演日出演時間出演店舗
予 約 状 況
占術
セラピー
得意分野
占い師からメッセージ

ハートフルからのメッセージ

さて滅多に書かないブログですが、書いてみようかと。といっても現在大量なお仕事があるので現実逃避だったりもします(早く仕事しろ) それとなぜに私のBlogが妙なカスタマイズかというとCSSが不得意なのに手を出して途中でやめたからです。そのうち頑張るはず で?タイトルなんだけどね。「若いときの苦労は買ってでもしろ」という言葉がありますが?ことわざなのかな?これって条件を付けていいと思う。 何をもって苦労とするのかコトバンクによると [名](スル) 1 精神的、肉体的に力を尽くし、苦しい思いをすること。「苦労が絶えない」「苦労を共にする」「苦労の種」「苦労して育てた子供」 2 (多く「ごくろう」の形で)人に世話をかけたり、厄介になったりすること。「ご苦労をかける」「ご苦労さま」 なんだってさ。確かにね。どんな体験でも、必要な体験ではあると思うの。でも「苦労したから幸せになれる」というわけではないのでそこは勘違いしないでほしい。 しかもこの若いときっていつを指すのよ(笑)平均寿命が80歳ぐらいありそうな現代・・・。60でもまだまだって言われそうじゃない。 なので~この場合は苦労をワクワクに変えられるなら頑張れ!って言いたい。「好きこそものの上手成れ」 誰でも好きでやっていることは一生懸命になるし、それに関して勉強したり工夫したりするので、自然に上達するものである。 芸事は、無理して嫌だと思いながらやっても、成長はないということ。 「上手なれ」の「なれ」は「なり」の未然形で、「こそ」に応じた係り結び。 私はこっちがおススメ!これしかない・・ってないのよ。選択肢はいっぱいあってその中からどれを選ぶかはあなた次第。辛いけど頑張るではなくて頑張る目的を持ってほしい。そしてそれは自分がワクワクする方に向っていた方がいいんだって(これはラクな方を選べと言っているわけではない) 楽ではなく楽しい!ね